凍りついた香り

小川洋子 著

今でも彼の指先が、耳の後ろの小さな窪みに触れた瞬間を覚えている。まずいつもの手つきでびんの蓋を開けた。それから一滴の香水で人差し指を濡らし、もう片方の手で髪をかき上げ、私の身体で一番温かい場所に触れた-。孔雀の羽根、記憶の泉、調香師、数学の問題…いくつかのキーワードから死者をたずねる謎解きが始まる。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 凍りついた香り
著作者等 小川 洋子
書名ヨミ コオリツイタ カオリ
シリーズ名 幻冬舎文庫
出版元 幻冬舎
刊行年月 2001.8
ページ数 318p
大きさ 16cm
ISBN 4344401360
NCID BA53844219
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20569847
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想