消費者契約法

落合誠一 著

平成13年4月施行の消費者契約法は、消費者契約について初めて包括的・具体的な民事ルールを定める画期的法律。国民生活審議会消費者政策部会長として立法内容の形成に中心的に関与した著者による本格的立法解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 消費者契約法立法の経緯(総説
  • 立法化の提言 ほか)
  • 第2編 消費者契約法の逐条検討(総則
  • 消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示の取消し ほか)
  • 第3編 消費者契約法の意義と課題(総説
  • 立法の目的 ほか)
  • 第4編 関係資料(消費者契約法案に対する附帯決議(衆議院商工委員会、参議院経済・産業委員会)
  • 消費者契約法(仮称)の立法に当たって(第17次国民生活審議会消費者政策部会報告) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消費者契約法
著作者等 落合 誠一
書名ヨミ ショウヒシャ ケイヤクホウ
書名別名 Shohisha keiyakuho
シリーズ名 消費者契約法
出版元 有斐閣
刊行年月 2001.10
版表示 初版第2刷
ページ数 243p
大きさ 22cm
ISBN 4641132771
NCID BA53824674
BA70968604
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20210594
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想