日本キリスト教史物語

鈴木範久 著

日本にとって「お騒がせ宗教」ともいえるキリスト教は、日本の歴史とどのように接触し、衝突し、影響しあってきたのか。著者の豊富な研究を凝縮、幅広い視野によってキリシタンから現代まで、その要所を分かりやすく描いた斬新な日本キリスト教史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 異神来訪
  • 邪宗門
  • 耶蘇教の接近
  • 地下礼拝
  • 洋教
  • 精神の「維新」
  • 「教育」と「宗教」の衝突
  • 聖書と讃美歌
  • 社会変革と社会活動
  • 「公認」教とデモクラシー
  • 戦争と神社参拝
  • 自由な新世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本キリスト教史物語
著作者等 鈴木 範久
書名ヨミ ニホン キリストキョウシ モノガタリ
出版元 教文館
刊行年月 2001.9
ページ数 206, 8p
大きさ 19cm
ISBN 4764263785
NCID BA53824197
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20289254
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想