橋はなぜ落ちたのか : 設計の失敗学

ヘンリー・ペトロスキー 著 ; 中島秀人, 綾野博之 訳

次に落ちる橋はどれ?落ちると知りながら作られる橋はない。設計にひそむ落とし穴を実例にまなぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 はじめに
  • 第2章 概念設計のミス-パコニウスとアポロン像の台座の場合
  • 第3章 規模の限界-ウィトルウィウスの錐とガリレオの骨の場合
  • 第4章 設計の改悪-ガリレオと大理石の円柱の場合
  • 第5章 論理的なミス-ガリレオが確証してしまった誤った仮説
  • 第6章 成功につながるミス-ディー橋の設計と崩壊の場合
  • 第7章 視野狭窄-ブリタニア橋の場合
  • 第8章 技術的判断の源泉としての失敗-規範的設計者ジョン・ローブリング
  • 第9章 歴史の選択的利用-タコマ海峡橋設計前後
  • 第10章 史上に残る橋の崩落と未来の設計への警告
  • 第11章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 橋はなぜ落ちたのか : 設計の失敗学
著作者等 Petroski, Henry
中島 秀人
綾野 博之
ペトロスキー ヘンリー
書名ヨミ ハシ ワ ナゼ オチタノカ : セッケイ ノ シッパイガク
書名別名 Design paradigms
シリーズ名 朝日選書
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2001.10
ページ数 221, 14, 4p
大きさ 19cm
ISBN 4022597860
NCID BA53796590
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20208192
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想