離日

萩原延壽 著

明治15年12月31日、サトウは3回目の賜暇で帰国の途についた。文久2年に19歳で初めて日本の土を踏んでから20年、その日本在勤の時期もおわろうとしていた。サトウが、駐日公使として再び日本に戻るのは、12年後、明治28年のことである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 朝鮮視察
  • 朝鮮開化派
  • パークス
  • 離日

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 離日
著作者等 Satow, Ernest Mason, Sir
萩原 延寿
萩原 延壽
書名ヨミ リニチ
シリーズ名 遠い崖-アーネスト・サトウ日記抄 14
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2001.10
ページ数 340p
大きさ 20cm
ISBN 4022573260
NCID BA53767661
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20223609
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想