階級としての動物 : ヴィクトリア時代の英国人と動物たち

ハリエット・リトヴォ 著 ; 三好みゆき 訳

生体解剖反対運動、動物学の普及、狩猟、狂犬病パニックなどヴィクトリア時代の英国の人間と動物の結びつきを描くユニークな社会史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 威信と血統(牛の両腰肉男爵
  • 一流のペット)
  • 第2部 危険な階層(同情のしかた
  • 犬に気をつけろ)
  • 第3部 動物と帝国(檻のなかのエキゾチックな動物
  • 狩猟のスリル)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 階級としての動物 : ヴィクトリア時代の英国人と動物たち
著作者等 Ritvo, Harriet
三好 みゆき
リトヴォ ハリエット
書名ヨミ カイキュウ ト シテノ ドウブツ : ヴィクトリア ジダイ ノ エイコクジン ト ドウブツタチ
書名別名 The animal estate
出版元 国文社
刊行年月 2001.9
ページ数 409, 9p
大きさ 20cm
ISBN 4772004858
NCID BA53710212
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20250547
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想