孝子伝の研究

黒田彰 著

我が国の説話文学史を通覧する時、早く古代の万葉集(竹取翁歌と孝孫原谷譚など)や日本霊異記に始まって、平安時代の注好選や今昔物語集(巻九)、鎌倉時代の諸説話集や室町時代の御伽草子『二十四孝』、さらに井原西鶴(本朝二十不孝)などへと至る、言わば孝子説話史の一流が文学史を貫流していることは、周知の事実である。孝子説話史と言えば、その基礎資料は大きく孝子伝(古代、中世)と二十四孝(室町以降)の二点に尽きると断じてよいであろう。時代的には、古代から行われてきた孝子伝が、室町期に二十四孝に取って代わられる訳である。本書は、比較文学に始まって東洋史学、考古学、美術史など孝子説話を学際的に研究したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 孝子伝研究の方法-比較文学から学際学へ
  • 1 孝子伝の研究(孝子伝の研究
  • 二十四孝の研究
  • 令集解の引く孝子伝について
  • 船橋本孝子伝の成立-その改修時期をめぐって)
  • 2 孝子伝図の研究(孝子伝の図-後漢、北魏を中心とする
  • 唐代の孝子伝図-陝西歴史博物館蔵三彩四孝塔式缶について
  • 孝子伝の図-宋、遼・金を中心とする)
  • 3 孝子伝と二十四孝(孝子伝と性的倒錯-物語成立の地平へ
  • 重華外伝-注好選と孝子伝
  • 三矢の訓と荊樹連陰-二十四孝の享受
  • 二十四孝原編、趙子固二十四孝書画合壁について)
  • 子供と女のいる文学史

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 孝子伝の研究(孝子伝の研究
  • 二十四孝の研究
  • 令集解の引く孝子伝について ほか)
  • 2 孝子伝図の研究(孝子伝の図-後漢、北魏を中心とする
  • 唐代の孝子伝図-陝西歴史博物館蔵三彩四孝塔式缶について
  • 孝子伝の図-宋、遼・金を中心とする)
  • 3 孝子伝と二十四孝(孝子伝と性的倒錯-物語成立の地平へ
  • 重華外伝-注好選と孝子伝
  • 三矢の訓と荊樹連陰-二十四孝の享受 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 孝子伝の研究
著作者等 黒田 彰
書名ヨミ コウシデン ノ ケンキュウ
シリーズ名 佛教大学鷹陵文化叢書 5
出版元 佛教大学通信教育部 : 思文閣出版
刊行年月 2001.9
ページ数 479p
大きさ 20cm
ISBN 4784210857
NCID BA53697726
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20204681
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想