状況のインタフェース

上野直樹 編著

認知などの基本的方法論や具体的な活動・実践の場、さらには情報処理や人工知能研究において、状況論的アプローチが従来の研究パラダイムを転換し再構成していく過程を刺激的に示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 状況論的アプローチ
  • 第1部 状況論的アプローチ(実験心理学における視覚の「無視された状況」
  • 文化的実践としての実験場面の組織化
  • 社会的達成としての学習)
  • 第2部 状況的実践の記述と分析(流通活動を組織化するアーティファクト
  • 空間・技術・分業システムの再編成としての標準化
  • ナヴィゲーションにおける状況的認知)
  • 第3部 状況論的アプローチと認知科学(状況的認知研究批判とその問題
  • 状況を認知するロボット
  • 情報の部分性と知能の設計
  • デザインされた知性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 状況のインタフェース
著作者等 上野 直樹
書名ヨミ ジョウキョウ ノ インタフェース
シリーズ名 状況論的アプローチ 1
出版元 金子書房
刊行年月 2001.10
ページ数 288p
大きさ 22cm
ISBN 4760892818
NCID BA53686956
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20208266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想