環境運動と政策のダイナミズム

長谷川公一 編

環境社会学と社会運動論との接点を意識しつつ、環境運動が環境問題をめぐる社会紛争・問題解決過程、制度・政策の形成において果たしてきた社会的役割を明らかにする。さらに環境運動を主導する理念・価値、運動が直面する既存の制度や政治の壁など、日本における環境運動の展開過程を規定する諸条件を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 環境運動と環境政策
  • 第2章 ジェンダーの視点で捉える環境問題-エコフェミニズムの立場から
  • 第3章 住民自治と環境運動-日本の反原発運動を事例として
  • 第4章 環境運動の展開過程と制度化
  • 第5章 モラル・プロテストとしての環境運動-ダイオキシン問題に係わる農家の自己アイデンティティ
  • 第6章 環境NPOとNPO段階の市民運動-日本における環境運動の現在
  • 第7章 国際環境NGOと国際環境協定
  • 第8章 環境権の思想と運動-"抵抗する環境権"から"参加と自治の環境権"へ
  • 第9章 日本の環境政策と政策形成過程

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境運動と政策のダイナミズム
著作者等 成 元哲
松本 泰子
森 元孝
田窪 祐子
萩原 なつ子
賀来 健輔
長谷川 公一
関 礼子
高田 昭彦
書名ヨミ カンキョウ ウンドウ ト セイサク ノ ダイナミズム
シリーズ名 講座環境社会学 / 飯島伸子 ほか企画編集 第4巻
出版元 有斐閣
刊行年月 2001.9
ページ数 280p
大きさ 22cm
ISBN 4641071950
NCID BA53656580
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20223602
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想