化学物質とリスク

新エネルギー・産業技術総合開発機構 監修 ; 富士総合研究所 編

本書は、化学技術および化学物質を取り巻く状況を踏まえ、化学物質のリスクを適正に評価・管理し、リスクを極小化していくための技術の方向性についての認識の醸成を図るために、新エネルギー・産業技術総合開発機構が経済産業省とともに平成13年6月に開催した「化学物質リスク削減技術ワークショップ」において、各方面の第一人者から寄せられた提案・課題について、化学物質についての専門的知識がない方でも理解ができるようにわかりやすく記述したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 日本の化学物質管理の現状と課題(化学物質リスク管理の現状
  • 化学物質に係る有害性情報等知的基盤の整備について
  • NEDOにおける主な化学物質リスク対策関連技術開発について
  • 化学物質モニタリングと分析技術)
  • 2章 リスク削減のための合理的な最良利用可能技術(削減技術開発の優先度とリスクベネフィット論
  • Best Available Technologyの現状と対策技術開発のあり方
  • システムとして実行可能な最良利用技術に係る課題-化学物質リスク削減知識創造システムの構築
  • 海外における化学物質リスク削減技術の現状)
  • 3章 産業界におけるリスク削減の取組みと課題(化学物質の製造プロセスにおける課題
  • 化学物質のユーザー産業における管理・削減の取組み
  • 環境影響の恐れのある化学物質の代替技術と課題
  • 環境影響の恐れのある化学物質の代替に関する現状と課題
  • 環境中に放出された有害化学物質における課題)
  • 4章 国のリスク削減技術に対する期待と取組み(化学物質リスク管理に対する期待
  • 化学物質リスク削減技術に対する期待
  • 化学物質リスク管理に対する地方自治体からの期待)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 化学物質とリスク
著作者等 富士総合研究所
新エネルギー産業技術総合開発機構
NEDO
書名ヨミ カガク ブッシツ ト リスク
出版元 オーム社
刊行年月 2001.9
ページ数 184p
大きさ 21cm
ISBN 4274024601
NCID BA53628381
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20210454
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想