常識の世界地図

21世紀研究会 編著

ドイツでは日曜日に引っ越しをしてはいけない。またユダヤ教徒たちは、牛肉と牛乳を一つの鍋で煮た料理を決して食べようとはしない。それぞれの国には、その国の長い歴史によって育まれた文化があり、常識がある。イギリス人が外国人のレジメンタル・タイを嫌う理由も、そのルーツを知ることによってはじめて理解できる。Vサインさえ、国によってまったく意味が変わってしまう常識・非常識の不思議さを世界地図のなかに探ってみよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 誤解の世界史-挨拶から身ぶりまで
  • 第2章 東洋の作法と西洋のマナー
  • 第3章 食をめぐるタブー
  • 第4章 古い常識から新しい常識へ
  • 第5章 子どもと大人の境界線
  • 第6章 数の神話色の神話
  • 第7章 宗教に生きる人たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 常識の世界地図
著作者等 21世紀研究会
21世紀研究会 (2000年)
書名ヨミ ジョウシキ ノ セカイ チズ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2001.9
ページ数 278p
大きさ 18cm
ISBN 4166601962
NCID BA53615415
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20202102
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想