刑事証拠法の新展開

光藤景皎 著

本書は、著者が、現在に至る約一〇年間に発表した論文の中から、刑事証拠法に関するものを選び、収録したものである。刑事手続においていかにすれば、正しい事実認定に到達することができるか、罪なき者が間違って有罪とされることのないようにするために証拠をめぐる法と理論と実際はどのようにあるべきか、著者の考えが開示されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 証拠の関連性について-「条件付関連性」概念の提唱
  • 自由心証主義の現代的意義
  • 間接証拠論
  • 証拠調請求権の復権
  • 証拠調請求権と再審
  • 証人喚問請求権の再生
  • 被告人の証拠提出権
  • 事実誤認と控訴審
  • 再審証拠法-再論
  • 伝聞概念について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 刑事証拠法の新展開
著作者等 光藤 景皎
書名ヨミ ケイジ ショウコホウ ノ シンテンカイ
出版元 成文堂
刊行年月 2001.8
ページ数 263, 2p
大きさ 22cm
ISBN 4792315654
NCID BA53603427
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20201791
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想