展望日本歴史  21

大門 正克;小野沢 あかね【編】

日露戦後〜大正、昭和戦前期を対象とした民衆史研究の潮流。社会運動、女性、生活、都市、農村、沖縄などに向けられた、1960年代から現在までの多様なアプローチを精査して集成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大正デモクラシーからファシズムへ-一九六〇年代後半〜一九七〇年代(明治国家と祝祭日
  • 大正デモクラシーの思想と文化 ほか)
  • 第2章 統合論的アプローチ-一九七〇年代〜一九八〇年代半ば(労働運動史(戦前期)
  • 民衆運動をめぐる論点(抄) ほか)
  • 第3章 新しい方法と視座を求めて-一九八〇年代半ば(都市支配の構造-地域秩序の担い手たち
  • 近代都市史研究の視角と課題 ほか)
  • 第4章 女性史への視座(女性史研究の課題と展望
  • ふるさとを出る娘たち(『からゆきさん』) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 展望日本歴史
著作者等 大門 正克
小野沢 あかね
書名ヨミ テンボウ ニホン レキシ
書名別名 民衆世界への問いかけ

Tenbo nihon rekishi
巻冊次 21
出版元 東京堂
刊行年月 2001.10
ページ数 467p
大きさ 23cm
付随資料 8p.
ISBN 4490305710
NCID BA53599851
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20449697
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想