批評の事情

永江朗 著

90年代にデビューまたはブレイクした批評家を中心に、いまどきの論客を論じてみます。学者だったり、おたくだったり、コンサルタントだったり、いろんな出自の論客がいるけれど、何もなかったようでいろいろあったこの十年、彼らは何を語ってきたんだろう?そして今、何を目指しているんだろう?批評の力って、何なんだろう?永江朗がナビゲートする21世紀の論壇エンタテインメント読本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 社会はどうなる?(宮台真司・90年代がはじまった
  • 宮崎哲弥・アカデミズムとジャーナリズムのあいだで ほか)
  • 2 時代の思考回路(大塚英志・物語の生産と消費をにらんで
  • 岡田斗司夫・オタク批評の真価 ほか)
  • 3 芸術が表わすもの(椹木野衣・ポップカルチャーを生きるニヒリズム
  • 港千尋・世界を再構築する眼 ほか)
  • 4 ライフスタイルとサブカルチャー(伏見憲明・男制・女制
  • 松沢呉一・ばかばかしいもので撃つ快感 ほか)
  • 5 文芸は何を語る(福田和也・小林秀雄への道
  • 斎藤美奈子・あなたの固定観念 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 批評の事情
著作者等 永江 朗
書名ヨミ ヒヒョウ ノ ジジョウ : フリョウ ノ タメノ ロンダン アンナイ
書名別名 不良のための論壇案内
出版元 原書房
刊行年月 2001.9
ページ数 360, 4p
大きさ 19cm
ISBN 4562034246
NCID BA53556994
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20208564
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想