映画狂人、小津の余白に

蓮實重彦 著

その後の小津論と、成瀬、清順、ロマンポルノetc.さらに…。映画(と状況)をめぐる、エッセイの最新集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 小津の余白に(日本映画の黄金時代-溝口、小津、成瀬
  • ひたいの誘惑 ほか)
  • 2 日本映画の転換期(鈴木清順そしてその沈黙のなりたち
  • 加藤泰『陰獣』-単眼的世界のエロス ほか)
  • 3 レンフィルム、そしてロシア映画(とうとうボリス・バルネットが登場した!
  • ソ連映画の発見と鎮魂-レンフィルム祭 映画の共和国へ ほか)
  • 4 横断し、越境する映画(グリフィスは、たえず「来たるべき」作家である-『イントレランス』について
  • ラオール・ウォルシュ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映画狂人、小津の余白に
著作者等 蓮実 重彦
蓮實 重彦
書名ヨミ エイガ キョウジン オズ ノ ヨハク ニ
書名別名 Eiga kyojin ozu no yohaku ni
出版元 河出書房新社
刊行年月 2001.8
ページ数 299p
大きさ 19cm
ISBN 4309264891
NCID BA53549004
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20199542
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想