東アジア経済の軌跡

植村泰夫, 櫻谷勝美, 堀和生 編

日本・欧米の植民地支配と戦後の政治経済構造との連関をとらえ東アジア成長の枠組みを提示。通貨危機以後も続く成長の基盤を19世紀後半以降の経済過程にさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ウェスタン・インパクトから高度経済成長へ
  • 第1章 東北アジアの近代化と従属化
  • 第2章 日本資本主義の形成-産業革命を中心として
  • 第3章 東南アジアの植民地化と開発
  • 第4章 中国における資本主義と社会主義-東北の位置に注目して
  • 第5章 日本資本主義の高度化-1930〜1970年
  • 第6章 朝鮮・韓国と台湾の工業化-経済の高度化と国民経済
  • 第7章 現代日本資本主義と東アジア
  • 第8章 改革・解放後中国と東アジア
  • 第9章 「東アジアの奇跡」からアジア通貨危機へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジア経済の軌跡
著作者等 堀 和生
植村 泰夫
櫻谷 勝美
桜谷 勝美
東アジア地域研究会
書名ヨミ ヒガシアジア ケイザイ ノ キセキ
書名別名 Higashiajia keizai no kiseki
シリーズ名 講座東アジア近現代史 / 東アジア地域研究会 編 2
出版元 青木書店
刊行年月 2001.9
ページ数 310p
大きさ 22cm
ISBN 4250201279
NCID BA53536986
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20208283
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想