古陶と現代陶を結ぶ琴線

矢部良明 著

いま見ている古いやきものは、二一世紀に生きているという意味で現代陶磁である。日本人ほど、古いやきものを現代に生かし使うことが好きな人々はほかにいないのではなかろうか。しかも、現代の陶芸作家達は、いまだに新たな息吹きを古いやきものから得ようとしている。古陶磁から現代陶芸へと続く、日本人の求めてきたやきものとはいかなるものであろうか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本やきもの史
  • 中国陶から現代日本のやきものへ(青磁、宋・元の美学への共振
  • 貴族が育てた白磁 ほか)
  • 日本のやきもの(須恵器-エキゾチックなやきもの
  • 自然釉陶-その系譜と現代 ほか)
  • 二〇世紀のやきもの(柳宗悦提唱の民芸と現代陶芸
  • 北大路魯山人-潤色旺盛な文人陶工 ほか)
  • これからのやきものの見方(知識を得て知識を忘れ、体験を積んで体験を忘れること
  • 精神を共振させる東洋陶芸の出現 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古陶と現代陶を結ぶ琴線
著作者等 矢部 良明
書名ヨミ コトウ ト ゲンダイトウ オ ムスブ キンセン
出版元 双葉社
刊行年月 2001.7
ページ数 287p
大きさ 20cm
ISBN 4575292370
NCID BA53536217
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20252300
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想