銀行と株 : 大破局へのシナリオ

吉田春樹 著

銀行の危機はこれからが本番。銀行は保有株売却と不良債権処理を加速。ペイオフ解禁を控え、市場と経済の破局のシナリオが現実になる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 銀行、存亡の危機(銀行の危機はこれからが本番
  • 護送船団を解体した金融ビッグバン ほか)
  • 第2章 銀行経営不安定化の元凶(今度こそ、「銀行よさようなら」
  • 経営不安定化を招いた株式保有 ほか)
  • 第3章 銀行「株放出」の衝撃波(持合解消売りの「受け皿」がない
  • 「銀行保有株式取得機構」が浮上 ほか)
  • 第4章 銀行に明日はないか(銀行はなぜ儲からないか
  • 二一世紀の銀行像)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 銀行と株 : 大破局へのシナリオ
著作者等 吉田 春樹
書名ヨミ ギンコウ ト カブ : ダイハキョク エノ シナリオ
書名別名 Ginko to kabu
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2001.9
ページ数 206p
大きさ 20cm
ISBN 4492681108
NCID BA53526075
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20199924
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想