現代日本経済政策論

植草一秀 著

二一世紀に入っても立ち直りの契機を見いだせぬまま、ますます混迷の度を深める日本経済。何が問題で、いかにしたら立ち直ることができるのか。本書は、バブルの絶頂期に誰よりも早く日本経済の崩壊を予見し、その後も不況の長期化と深刻化に警鐘を鳴らし続けてきた著者による本格的な経済政策論。金融政策、財政構造問題、年金制度、税制、分権化、労働市場、新産業の育成、規制緩和、政策決定メカニズムなど、根幹的な個々の課題を緻密なデータ分析に基づいて論じつつ、経済再生の条件をトータルに究明し、バラバラの対症療法ではない全体として首尾一貫した分析と対策を提示する。変化する経済現象を洞察するための理論的基礎を提供し、取るべき選択を示唆した傾聴すべき労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本経済長期低迷の軌跡
  • 日本経済低迷の真因
  • 財政政策の論点
  • 金融政策の論点
  • 為替レートの決定
  • 株価の変動
  • 財政構造改革
  • 年金制度改革
  • 税制改革の論点
  • 金融問題への対応
  • 国と地方
  • 労働市場の改革
  • 新規産業の育成
  • 国土の有効利用
  • 政策決定メカニズムの改革

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代日本経済政策論
著作者等 植草 一秀
書名ヨミ ゲンダイ ニホン ケイザイ セイサク ロン
シリーズ名 シリーズ現代の経済
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.9
ページ数 330p
大きさ 20cm
ISBN 4000262688
NCID BA53525403
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20204830
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想