柳田国男論 丸山眞男論

吉本隆明 著吉本隆明 著

体液のように流れる柳田の文体と方法にかたちをあたえ、彼のえがいた稲の人としての「日本人」の鮮明な画像と,そこに見えかくれする「山人」や「アイヌ」の影に徹底した考察を加える「柳田国男論」。丸山の戦争体験の批判を入口に、『日本政治思想史研究』における徂徠学の評価の分析を軸にすえ、丸山政治学が幻想の「西欧」という虚構の立場を設定して初めて切り拓いた地平を検証する「丸山真男論」。近現代の代表的な思想家を俎上にのせ、雄勁なスケールでその核心を論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 柳田国男論(縦断する「白」
  • 動機・法社会・農
  • 旅人・巡回・遊行)
  • 丸山真男論(序論
  • 「日本政治思想史研究」
  • 総論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 柳田国男論 丸山眞男論
著作者等 吉本 隆明
書名ヨミ ヤナギタ クニオ ロン. マルヤマ マサオ ロン
書名別名 Yanagita kunio ron. Maruyama masao ron
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2001.9
ページ数 336p
大きさ 15cm
ISBN 4480086595
NCID BA5352016X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20212715
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想