学ぶ意欲の心理学

市川伸一 著

子どもの自主性を尊重する日本の教育は世界の潮流に逆行しているのか?教育心理学が「自律的な個人」をモデルにすることで、社会階層差の拡大などマクロな問題が見過ごされてしまうのか?本書では、心理学の「動機づけ」理論の基本的な流れを踏まえ、最近の教育改革をめぐる論点を、精神科医・和田秀樹氏、教育社会学者・苅谷剛彦氏と徹底討論。人間の「やる気」を考えるための新しい枠組みを提示する。学ぶ意欲、働く意欲など、私たち一人一人の「やる気」を引き出すヒントも見つかる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 動機づけの心理学を展望する(職場における動機づけ
  • 基礎心理学での古典的研究
  • 動機づけ研究の展開
  • 学習動機の二要因モデル
  • Q&A)
  • 第2章 和田秀樹氏との討論(内発と外発をめぐって
  • 勉強法と動機づけを考える
  • ひとこと言いたい三つの話
  • 和田秀樹氏との対談)
  • 第3章 苅谷剛彦氏との討論(苅谷論文は何を主張しているのか
  • 教育心理学からの釈明と反論
  • 教育心理学からの釈明と反論
  • 教育心理学の見直しをどうはかるか
  • 苅谷剛彦氏との対談)
  • 第4章 自分のやる気を引き出す環境づくりと意識づくり(第一ステップ-内容分離的動機から入る
  • 第二ステップ-内容関与的動機を高める
  • 第三ステップ-二要因モデルを越えて
  • Q&A)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学ぶ意欲の心理学
著作者等 市川 伸一
書名ヨミ マナブ イヨク ノ シンリガク
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2001.9
ページ数 251p
大きさ 18cm
ISBN 4569618359
NCID BA53518146
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20202096
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想