平和憲法を守りひろめる

深瀬忠一 [ほか]編

本書は、「北海道キリスト者平和の会」という、日本の北の辺境・北海道に生きる一団のキリスト者青年男女が、日本国憲法の人権尊重・民主・平和主義を、日本国民の内面から発し、下から盛り上げ、日本国の世界における使命を果たすために、憲法を四〇年間にわたり「守り、広げる」たたかいを続けてきた記録である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 敗戦前史
  • 2 平和憲法の制定と試練(憲法裁判)
  • 3 世紀末の一〇年
  • 4 国境を越えて
  • 5 地域の根から
  • 6 北の最前線

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平和憲法を守りひろめる
著作者等 榎本 栄次
橋本 左内
深瀬 忠一
山本 光一
書名ヨミ ヘイワ ケンポウ オ マモリヒロメル : ホッカイドウ キリストシャ ヘイワ ノ カイ ノ アカシ
書名別名 北海道キリスト者平和の会の証し

Heiwa kenpo o mamorihiromeru
シリーズ名 新教コイノーニア 18
出版元 新教出版社
刊行年月 2001.9
ページ数 245p
大きさ 21cm
ISBN 4400407179
NCID BA53517041
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20319855
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想