変貌する現代の家族と法

松川正毅 著

本書では、家族を取り巻く環境など、外的な状況の変化が、家族の法にどのような影響を与えつつあるのか、また与えたのか、さらに法はそれらにどのように対処すべきかについて、人の一生を通じて、概観する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生まれるとき-科学技術の発展と家族の法(人工生殖
  • DNA鑑定)
  • 第2部 生きる-愛する、暮らす、別れる(男女関係の多様化
  • 親の生き方の多様性が親子の関係にどのような影響を与えるのか?)
  • 第3部 終わるとき-助けを求める、残す(一人では生きていけないとき-扶養の意味
  • 遺産の持つ意味)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 変貌する現代の家族と法
著作者等 大阪大学創立70周年記念出版実行委員会
松川 正毅
書名ヨミ ヘンボウスル ゲンダイ ノ カゾク ト ホウ
書名別名 Henbosuru gendai no kazoku to ho
シリーズ名 大阪大学新世紀セミナー / 大阪大学創立70周年記念出版実行委員会 編
出版元 大阪大学出版会
刊行年月 2001.9
ページ数 88p
大きさ 21cm
ISBN 4872591151
NCID BA53502237
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20279414
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想