課題解決のための実験計画法  2

二見良治, 西敏明 著

新製品開発・製品改良・不良低減などの課題解決に役立つ情報を得るには実験計画法が効果的である。この実験計画法のなかで効果的な直交配列表による方法と、回帰分析の考え方が理解でき、手法が効率よくマスターでき実践できる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第5章 直交配列表による方法(直交配列表による方法とは
  • 2水準系の直交配列表による方法
  • 3水準系の直交配列表による方法 ほか)
  • 第6章 回帰分析(回帰分析とは
  • 単回帰分析)
  • 第7章 実験計画法活用のプロセス(課題を明らかにする
  • 特性に影響すると思われる要因を整理する
  • 適切な因子と水準を設定し考慮する交互作用を決める ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 課題解決のための実験計画法
著作者等 二見 良治
西 敏明
書名ヨミ カダイ カイケツ ノ タメノ ジッケン ケイカクホウ
シリーズ名 継続的改善のためのExcel統計解析講座 4
巻冊次 2
出版元 日科技連出版社
刊行年月 2002.5
ページ数 253p
大きさ 24cm
ISBN 4817120347
NCID BA53496065
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20289056
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想