おもしろ記憶のラボラトリー

21世紀の認知心理学を創る会 著

記憶とは、たいへん身近なもので、私たちは、ふだん、あまり深く考えるようなことはしない。しかし「なぜ、そうなるの」と問われると、わからないことばかり。おぼえたと思っていたのに忘れてしまったり、忘れたのにふと思い出したり、不思議なことばかりである。本書に登場する新進気鋭の記憶研究者は、その"記憶のなぞ"に、果敢に挑戦している人たち。そのなぞ解きのおもしろさを、本書は教えてくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 記憶研究のパースペクティブ
  • 1 自伝的記憶-思い出は、かくのごとく
  • 2 記憶と対人認知-文脈効果とステレオタイプ的判断をめぐって
  • 3 記憶と感情-いま、改めて感情とは何かを問い直すために
  • 4 展望的記憶-意図の想起のメカニズム
  • 5 記憶と意識-どんな経験も影響はずっと残る
  • 6 記憶と知識-認知の過程を支えるベースとしての知識
  • 7 場所の記憶-人間はどのように空間を認知するのか
  • 8 行為の記憶-驚異の実演パワー
  • 9 作動記憶-情報の処理と保持を支えるダイナミックなシステム
  • 10 メタ記憶-覚えること、思い出すこと、忘れることに立ち向かう心

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 おもしろ記憶のラボラトリー
著作者等 21世紀の認知心理学を創る会
森 敏昭
書名ヨミ オモシロ キオク ノ ラボラトリー
シリーズ名 認知心理学を語る / 森敏昭 編著 第1巻
出版元 北大路書房
刊行年月 2001.9
ページ数 237p
大きさ 21cm
ISBN 4762822213
NCID BA53478380
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20200275
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想