脳と心の正体 : 神経生物学者の視点から

平野丈夫 著

心の働きを担う脳はどのようなものであり、どのような原理で働いているのか。私たちの精神活動は脳の働きによる。脳の中味はどのようになっていて、脳内でどのように情報が流れ、事物が認知され、行動が制御され、思考が行われるかについて議論し、さらに細胞・分子レベルではどのようなことが起こっているかというところまでさかのぼってわかりやすい説明を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 脳の働き
  • 第2章 脳の細胞
  • 第3章 感覚・知覚・認知
  • 第4章 意志決定-判断と選択そして意識
  • 第5章 記憶
  • 第6章 行動
  • 第7章 脳活動を支える分子
  • 第8章 脳のモデル
  • 第9章 おわりに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳と心の正体 : 神経生物学者の視点から
著作者等 平野 丈夫
書名ヨミ ノウ ト ココロ ノ ショウタイ : シンケイ セイブツ ガクシャ ノ シテン カラ
書名別名 No to kokoro no shotai
シリーズ名 科学のとびら 40
出版元 東京化学同人
刊行年月 2001.9
ページ数 141, 7p
大きさ 19cm
ISBN 4807912801
NCID BA53466428
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20203976
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想