日本陰陽道史話

村山修一 著

世界で唯一元号を採用し、婚姻の相性や暦の本による日常行事の吉凶など、長い歴史のなかで、日本的伝統としてわれわれの日常生活に融け込んできた陰陽道。為政者たちはこれをいかに利用してきたのか。われわれはこれをいかに縁としてきたのか。陰陽道の発生から現代に至る残影までを、平易に、刻明に説いた通史入門の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 陰陽道の起源と日本への伝来
  • 第2章 祥瑞と災異
  • 第3章 神仙と冥府
  • 第4章 王朝貴族と陰陽道の名人たち
  • 第5章 易に心酔した政治家
  • 第6章 栄枯盛衰の世と予兆思想
  • 第7章 山伏と陰陽道
  • 第8章 密教と陰陽道
  • 第9章 鎌倉武士と陰陽道
  • 第10章 宮廷陰陽道の没落と民間陰陽道の発展

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本陰陽道史話
著作者等 村山 修一
書名ヨミ ニホン オンヨウドウ シワ
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 2001.9
ページ数 327p
大きさ 16cm
ISBN 4582764061
NCID BA53456639
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20221960
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想