医療サービス市場化の論点

瀬岡吉彦, 宮本守 編著

医療サービスはどの程度の、またどの分野での市場化が必要か。患者自己負担率は上げるべきか、下げるべきか。理論的・実証的に分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 患者負担は慎重に(患者負担増加への医療サイドからの考察
  • 自己負担増の影響-大学病院(特定機能病院)におけるケース・スタディを中心に
  • 民間医療保険の需要に関する分析
  • 老人の患者負担を軽くする理由)
  • 第2部 福祉を高める患者負担(疾病ごとの医療受診と大衆医薬需要の代替性
  • 患者自己負担率と事前的モラルハザード
  • 風邪の治療を保険適用外に)
  • 第3部 報告と討論(報告:患者自己負担増をどう考えるか
  • 討論:医療サービス市場化について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医療サービス市場化の論点
著作者等 宮本 守
瀬岡 吉彦
書名ヨミ イリョウ サービス シジョウカ ノ ロンテン
書名別名 Iryo sabisu shijoka no ronten
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2001.9
ページ数 170p
大きさ 22cm
ISBN 4492700749
NCID BA53433021
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20198123
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想