自殺の文学史

グリゴーリイ・チハルチシヴィリ 著 ; 越野剛 ほか訳

自殺は許されうるか?古今東西の多種多様な文学者の運命というプリズムを通して、「精神世界における説明不能の現象」の解明に挑んだ、渾身の力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 人間と自殺(問題の歴史
  • 宗教
  • 哲学
  • 理論
  • 地理学
  • いかにそれはなされるか)
  • 第2部 作家と自殺(みんなと一緒
  • みんなと違って)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自殺の文学史
著作者等 Chkhartishvili, G
中村 唯史
望月 哲男
清水 道子
越野 剛
チハルチシヴィリ グリゴーリイ
書名ヨミ ジサツ ノ ブンガクシ
書名別名 Писатель и самоуъийство
出版元 作品社
刊行年月 2001.8
ページ数 373p
大きさ 22cm
ISBN 4878934298
NCID BA53421226
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20201793
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想