ギリシャ正教無限の神

落合仁司 著

神は無限である。人は有限である。しかし、神は人に成り、人は神に成ることができる。ギリシャ正教のテーゼを現代数学で読みかえるとき、東方二〇〇〇年の智恵が新たな知として甦る。宗教と数学のクロスオーバー=数理神学が切り拓く、二一世紀における宗教の可能性。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第0章 なぜ、今「ギリシャ正教」なのか
  • 第1章 ギリシャ正教
  • 第2章 三一論
  • 第3章 パラミズム
  • 第4章 神の集合論
  • 第5章 神の濃度
  • 第6章 神の公理系

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ギリシャ正教無限の神
著作者等 落合 仁司
書名ヨミ ギリシャ セイキョウ ムゲン ノ カミ
書名別名 Girisha seikyo mugen no kami
シリーズ名 講談社選書メチエ 221
出版元 講談社
刊行年月 2001.9
ページ数 202p
大きさ 19cm
ISBN 406258221X
NCID BA53398204
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20203989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想