道化の目

小田島雄志 訳

シェイクスピアを全訳し、シェイクスピアをかぎりなく愛する著者の目は、つねに新鮮だ。どのページを開いても、芝居、人との出会い、日々の出来事に正面から向き合う姿勢が伺える。「劇場で…」「私の好きな…」「思い出の…」の三章からなる、すがすがしい読み物。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 劇場で…(シェイクスピア・ブームの秘密
  • 芝居ほんやく者の傍白
  • 講演・英国人とシェイクスピア ほか)
  • 2 私の好きな…(英国流ということ
  • 本の余白
  • 私の読書日誌 ほか)
  • 3 思い出の…(先生の笑顔
  • 思い出となった小津次郎先生
  • 人生二度あればもう一度 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道化の目
著作者等 小田島 雄志
書名ヨミ ドウケ ノ メ
書名別名 Doke no me
シリーズ名 エッセイの小径
白水Uブックス
出版元 白水社
刊行年月 2001.8
ページ数 238, 2p
大きさ 18cm
ISBN 4560073503
NCID BA53306374
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20195297
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想