デジタル化時代の組織革新 : 企業・職場の変容を検証する

尾高煌之助, 都留康 編

IT化に立ち後れた日本企業にも、様々な変化が現れている。情報技術の発展が、産業構造や企業システム、生産管理や管理手法、あるいは人的資源開発や技能形成など、日本企業の組織にどのような具体的影響を与えているかを多面的に実証分析し、今後の進むべき方向を示唆。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 デジタル化時代の組織革新-思索への誘い
  • 第1章 デジタル化・モジュール化・カプセル化-情報技術が要求する組織革新
  • 第2章 デジタル情報化と企業経営の革新-流通業を中心に
  • 第3章 日本企業の組織革新-補完性の視点からみた生産システム、情報技術、人事制度
  • 第4章 新製品開発プロセスにおける3次元CADの導入と組織プロセス
  • 第5章 高度情報化時代の自動車組立職場-トヨタ自動車の事例
  • 第6章 ホワイトカラー職場におけるIT化のインパクト-総合旅行会社3社の事例から
  • 第7章 情報技術革新と女性労働者の雇用形態変化
  • 第8章 人事情報システムと人事異動システム
  • 終章 「デジタル化」の史的文脈

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デジタル化時代の組織革新 : 企業・職場の変容を検証する
著作者等 中馬 宏之
小川 進
尾高 煌之助
延岡 健太郎
池田 信夫
清水 耕一
竹田 陽子
都留 康
阿部 正浩
青島 矢一
柴田 裕通
伊佐 勝秀
書名ヨミ デジタルカ ジダイ ノ ソシキ カクシン : キギョウ ショクバ ノ ヘンヨウ オ ケンショウスル
出版元 有斐閣
刊行年月 2001.8
ページ数 249p
大きさ 22cm
ISBN 464116116X
NCID BA53302409
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20206017
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想