疾病・開発・帝国医療 : アジアにおける病気と医療の歴史学

見市雅俊 ほか編

病気と医療の歴史から読み解く近代アジア。未開拓の研究領域を切り開く画期的論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 領域と視角(病気と医療の世界史-開発原病と帝国医療をめぐって
  • 開発と疾病
  • 近代アジアにおける帝国主義と医療・公衆衛生)
  • 第2部 事例と比較(「衛生」という秩序
  • 前近代日本の死亡の季節変動
  • 乳児死亡問題の比較社会史
  • アノフェレス・ファクターとヒューマン・ファクター-植民地統治下のマラリア防遏:インドと台湾 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 疾病・開発・帝国医療 : アジアにおける病気と医療の歴史学
著作者等 上田 信
劉 士永
川越 修
斎藤 修
脇村 孝平
見市 雅俊
阿部 安成
飯島 渉
鬼頭 宏
加藤 茂生
書名ヨミ シッペイ カイハツ テイコク イリョウ : アジア ニ オケル ビョウキ ト イリョウ ノ レキシガク
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2001.8
ページ数 313p
大きさ 22cm
ISBN 413021067X
NCID BA53296678
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20206430
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想