インターネットの心理学

パトリシア・ウォレス 著 ; 川浦康至, 貝塚泉 訳

インターネットの世界では、人は通常とは異なった行動をしたり、人間関係を築いたりする。なぜ、どのように人の知覚や行動は変わるのか、社会心理学の手法を駆使し徹底的に分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 心理学からみたインターネット
  • 第2章 オンライン・ペルソナ-印象形成の心理学
  • 第3章 オンラインにおける仮面と仮面舞踏会
  • 第4章 サイバー空間の集団力学
  • 第5章 集団間の葛藤と協力
  • 第6章 フレーミングと争い-ネットにおける攻撃の心理学
  • 第7章 ネットにおける友情と愛情-対人魅力の心理学
  • 第8章 インターネット・ポルノの心理学的様相
  • 第9章 タイム・シンクとしてのインターネット
  • 第10章 ネット上の愛他主義-援助の心理学
  • 第11章 ネットにおけるジェンダーの問題
  • 第12章 インターネット・ライフを豊かに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インターネットの心理学
著作者等 Wallace, Patricia M
川浦 康至
貝塚 泉
Wallace Patricia
ウォレス パトリシア
書名ヨミ インターネット ノ シンリガク
書名別名 The psychology of the Internet

Intanetto no shinrigaku
出版元 NTT
刊行年月 2001.9
ページ数 325, 20p
大きさ 22cm
ISBN 4757140274
NCID BA53285977
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20201902
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想