差別された病 : 裁かれたハンセン病隔離政策

山岸秀 著

ハンセン病への差別を見据え、それを生み出した根源に迫らない限り、元患者の社会復帰への道はない。熊本地裁の「人間回復」判決を受けて渾身の書き下ろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 差別の風景(差別された病
  • 死ねない病ゆえに ほか)
  • 第2章 隔離の闘士たち(優生思想と祖国浄化
  • えせヒューマニズム ほか)
  • 第3章 業病とされた病(ケガレとキヨメ
  • 業病・天刑病)
  • 第4章 隔離からの解放めざして(隔離からの解放
  • 解放を阻むもの ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 差別された病 : 裁かれたハンセン病隔離政策
著作者等 山岸 秀
書名ヨミ サベツサレタ ヤマイ : サバカレタ ハンセンビョウ カクリ セイサク
書名別名 Sabetsusareta yamai
出版元 かもがわ
刊行年月 2001.8
ページ数 197p
大きさ 19cm
ISBN 4876996113
NCID BA53268275
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20203768
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想