親鸞 : 悪の思想

伊藤益 著

「善人なほもつて往生を遂ぐ。いはんや、悪人をや」日本思想史において、もっも著明な言説ともいえる親鸞の言葉である。でも、なぜ「善人」ではなく「悪人」なのか。親鸞の弟子唯円によって記された『歎異抄』の中のこの一節を、筆者は、おのれの存在論的悪に目覚めた人間が「悪人」なのだ、ととらえる。他者を排除し犠牲にすることによってしか生きられない自分が「いま」「ここ」に在ることの申し訳なさを自覚すること。この澄み切った「悪の思想」こそ、八〇〇年の時空を超えて、現代によみがえる親鸞の思想の現代的意義なのだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 悪への視角
  • 第1章 思想史のなかの親鸞
  • 第2章 悪人正機の説
  • 第3章 「信」の構造
  • 第4章 悲憐
  • 結章 悪の比較論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 親鸞 : 悪の思想
著作者等 伊藤 益
書名ヨミ シンラン : アク ノ シソウ
書名別名 Shinran
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2001.8
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 4087201023
NCID BA53237690
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20229578
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想