子どもと性被害

吉田タカコ 著

子ども時代に性被害にあった人は驚くほど多い。小説「永遠の仔」のヒット、多発する少女の誘拐や監禁事件などをきっかけに、子どもに対する性暴力の影響の大きさが取り上げられるようになってきた。これまで「いたずら」などと表現されてきた行為が被害者のこころに及ぼした深い傷を、インタビューによって検証し、それをどのように癒していくか、また親として今すぐとれる防衛策は何か、そして社会全体としていかに発生を防ぐかまでを力強く提言するルポルタージュ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 語られ出した性被害
  • 第2章 封印された犯罪-性的虐待とは何か
  • 第3章 性的虐待の加害者とは
  • 第4章 心の傷を乗り越えるために-語ることを通じて
  • 第5章 サポーターには何ができるか-サバイバーとともに生きるために
  • 第6章 性的虐待の根絶のために-法律に求められるもの
  • 第7章 性的虐待のない社会をめざして-私たちができること、やるべきこと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもと性被害
著作者等 吉田 タカコ
書名ヨミ コドモ ト セイ ヒガイ
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2001.8
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 4087200957
NCID BA5323768X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20229575
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想