家事事件の実務 : 成年後見

岡本和雄 著

新しい成年後見制度は、民法の一部を改正する法律、任意後見契約に関する法律、後見登記に関する法律、民法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律からなるが、これにより、従来の禁治産は成年後見、準禁治産は保佐にほぼ移行し、新しく補助及び任意後見の制度が創設された。この新制度は平成12年4月1日から施行されている。これに合わせて、家事審判規則の改正が行われた。本書は、これらに基づく申立手続を取り上げたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 成年後見制度の概要
  • 第2章 成年後見
  • 第3章 保佐
  • 第4章 補助
  • 第5章 任意後見

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家事事件の実務 : 成年後見
著作者等 岡本 和雄
書名ヨミ カジ ジケン ノ ジツム : セイネン コウケン
書名別名 Kaji jiken no jitsumu
出版元 日本加除
刊行年月 2001.6
ページ数 500p
大きさ 21cm
ISBN 4817812370
NCID BA53208808
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20250614
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想