学校の役割は終わったのか

NHK「日本の宿題」プロジェクト 編

いまこそ戦後行われてきた経済至上主義の教育を見直し、21世紀の子どもたちが多様な社会を生きるために必要な学校像を構築する必要に迫られている。…それは、社会全体の課題なのである。教育改革、学力低下、総合的学習、教師の質、フリースクール、教育行政、地域との連携など、教育界が抱える様々な「宿題」への解答。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦後、教育は何を生み出してきたのか(受験戦争はこうして始まった-一九七〇年代まで
  • 吹き荒れる校内暴力-一九八〇年代 ほか)
  • 第2章 疲れている教師たち(悩める教師たちの現状
  • 「総合的な学習の時間」の波紋)
  • 第3章 教育現場の新しい試み(教育長の挑戦-学校選択の自由化
  • 学社融合の試み-住民とつくる新しい学校 ほか)
  • 第4章 対論・学校の役割は終わったのか(寺脇研
  • 宮台真司)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学校の役割は終わったのか
著作者等 NHK「日本の宿題」プロジェクト
日本放送協会
書名ヨミ ガッコウ ノ ヤクワリ ワ オワッタノカ
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2001.8
ページ数 285p
大きさ 21cm
ISBN 4140806222
NCID BA53205322
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20201500
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想