ザビエルの同伴者アンジロー : 戦国時代の国際人

岸野久 著

ザビエルを日本に導き、キリスト教布教を助けた日本人アンジローとは何者か。南欧諸国での調査に基づく最新のザビエル研究から、アンジローの果した歴史的役割を探る。国際化の進む現代日本が学ぶべきその実像を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本人アンジロー(パウロ・デ・サンタ・フェの日本名
  • アンジローの出身地・身分・職業・年齢 ほか)
  • マラッカ-ザビエルとの出会い(薩摩出奔
  • マラッカ ほか)
  • ゴア-聖パウロ学院留学(「東洋のローマ」ゴア
  • 聖パウロ学院-位置・起源・構造・運営 ほか)
  • 鹿児島-ザビエルの同伴者(ザビエル来日時の薩摩
  • 貴久との会見 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ザビエルの同伴者アンジロー : 戦国時代の国際人
著作者等 岸野 久
書名ヨミ ザビエル ノ ドウハンシャ アンジロー : センゴク ジダイ ノ コクサイジン
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 126
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2001.9
ページ数 232p
大きさ 19cm
ISBN 4642055266
NCID BA53173656
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20197603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想