翻訳という仕事

小鷹信光 著

「英語が読めるから翻訳でもやってみようか」この考えがいかに甘いかは、やってみればすぐわかる。翻訳を仕事にするには、何が必要なのか。ベテラン翻訳家が作業の実際を具体的に語り、あと一歩のコツをていねいに指南。他人の誤訳を斬りつつ自分の失敗をさらし、台所事情まで公開する、実に役立つ納得の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 翻訳作業の実際(翻訳の現場報告
  • 超訳を斬る)
  • 第2章 翻訳家ができるまで(駆け出しの頃
  • 二足のワラジで十六時間労働
  • 『破壊部隊』を機に一本立ち
  • 販売拡張、所得倍増
  • 八〇年代後半から現在まで)
  • 第3章 職業としての翻訳業(翻訳業への第一歩
  • どうすれば仕事を得られるか
  • 翻訳でいくら稼げるか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 翻訳という仕事
著作者等 小鷹 信光
書名ヨミ ホンヤク ト ユウ シゴト
書名別名 Hon'yaku to yu shigoto
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2001.8
ページ数 240p
大きさ 15cm
ISBN 4480036571
NCID BA53128254
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20215167
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想