密航留学生たちの明治維新 : 井上馨と幕末藩士

犬塚孝明 著

命がけで密航して海外に渡った五人の長州藩士。彼らが、西欧で学び、経験したものは何であったのか。志士的精神を保ちながらも、近代合理主義的精神を吸収し得た密航留学生の代表格、井上馨。帰国後、君前会議で開国を説き、長州藩を倒幕へと導いた彼の「果断」は、明治維新後の近代日本の礎を築いて行く。西欧文明に触れて、日本人としての国家意識に目覚めた留学生たちが、維新変革へのヴィジョンを抱き、明治維新の原動力となって行く姿を生き生きと描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 夷を以て夷を制す
  • 第2章 密航
  • 第3章 異郷に遊ぶ
  • 第4章 ロンドンに集う若き志士たち
  • 第5章 帰国
  • 第6章 留学生たちの明治維新
  • 第7章 新帰朝者たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 密航留学生たちの明治維新 : 井上馨と幕末藩士
著作者等 犬塚 孝明
書名ヨミ ミッコウ リュウガクセイタチ ノ メイジ イシン : イノウエ カオル ト バクマツ ハンシ
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2001.8
ページ数 268p
大きさ 19cm
ISBN 4140019212
NCID BA53100095
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20199534
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想