古典論

外山滋比古 著

古典はいかにして生まれるのか?古典はいったい誰がつくるのか?文学一般を読者と異本の視点から分析し、批評=研究に新しい方法を呈示する画期的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 典型化の過程(湮滅
  • 風を入れる
  • 伯楽 ほか)
  • 2 異本化の作用(変奏
  • 引用
  • 読む ほか)
  • 3 古典化の原理(排除性
  • 批判原理
  • 視点 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古典論
著作者等 外山 滋比古
書名ヨミ コテンロン
書名別名 Kotenron
出版元 みすず書房
刊行年月 2001.8
ページ数 166p
大きさ 20cm
ISBN 4622048108
NCID BA53098991
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20195261
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想