細胞の誕生と死

長田重一, 山本雅 編

本書は、細胞の増殖、分化、死の過程に関する基礎的な点を概説するとともに、これらの過程における最近のトピックスを、現在、活発に研究している研究者が紹介している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 生命の連続性(生命の誕生と連続性
  • 細胞の増殖・分化と老化と死 ほか)
  • 第1章 細胞の分裂と増殖(細胞質分裂の機構
  • 初期発生における細胞周期制御 ほか)
  • 第2章 細胞周期の制御分子(サイクリン‐CDKとチェックポイント
  • 究極の細胞周期モデル生物-分裂酵母 ほか)
  • 第3章 細胞死(アポトーシスとその制御
  • FasとFasリガンド ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 細胞の誕生と死
著作者等 山本 雅
長田 重一
日本生化学会
書名ヨミ サイボウ ノ タンジョウ ト シ
シリーズ名 シリーズバイオサイエンスの新世紀 / 日本生化学会 編 第6巻
出版元 共立
刊行年月 2001.9
ページ数 198p
大きさ 22cm
ISBN 4320055578
NCID BA53041225
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20199767
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想