UBMによる緑内障画像診断 : 前房・隅角の画像解析

近藤武久 著

これまで緑内障のための前眼部画像診断法として最も多くの情報を提供していたものは隅角鏡検査であった。近年これに加え、超音波生体顕微鏡(ultrasound biomicroscope、UBM)が登場したことによって、緑内障の前眼部画像診断法にはまた一段と大きな前進がもたらされた。本書では、隅角鏡所見とUBM所見を中心にして緑内障の前眼部画像解析所見について記述した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 従来の検査法
  • 2 ultrasound biomicroscopy(UBM)による緑内障診断
  • 3 術後のultrasound biomicroscopy所見
  • 4 外傷眼におけるultrasound biomicroscopy所見
  • 5 primary angle‐closure glaucoma(PACG)の画像解析
  • 6 ultrasound biomicroscopyからみたPACGの治療方針
  • 7 ultrasound biomicroscopyによるバイオメトリー
  • 8 その他

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 UBMによる緑内障画像診断 : 前房・隅角の画像解析
著作者等 近藤 武久
書名ヨミ UBM ニ ヨル リョクナイショウ ガゾウ シンダン : ゼンボウ グウカク ノ ガゾウ カイセキ
出版元 文光堂
刊行年月 2001.6
ページ数 107p
大きさ 27cm
ISBN 4830655127
NCID BA53029944
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20203731
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想