社会学講義

アドルノ 著 ; 細見和之 ほか訳

騒乱のなかの最終講義。1968年、学生反乱の騒乱のなかで行なわれた新入生のための入門講義。ポパーとの実存主義論争を背景にフランクフルト学派批判理論を自ら明確に解説。学生への痛切な呼びかけ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 社会学専攻者の就職の見通しと希望就職先
  • 教養科目としての社会学と社会的に有用な仕事
  • 合理的な学習計画をめぐる種々の困難
  • 大学の高校化と学問の自由研究における隙間と飛躍
  • 認識に連続性はない
  • 「反対ノ方向カラ」の導き
  • 合成物
  • コントにおける社会学の不均質性-自然科学的理想と哲学的理想
  • 社会学における抗争
  • 政治に対する社会学の態度〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会学講義
著作者等 Adorno, Theodor W.
太寿堂 真
河原 理
細見 和之
高安 啓介
アドルノ
書名ヨミ シャカイガク コウギ
書名別名 Einleitung in die Soziologie
出版元 作品社
刊行年月 2001.8
ページ数 337p
大きさ 20cm
ISBN 487893395X
NCID BA53022399
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20191294
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想