東アジアの企業・都市ネットワーク : 韓日間の国際的都市システムの視点

朴チョン玄 著

東京・ソウル・香港・シンガポールなどアジアの主要都市間の航空旅客や銀行取引、国際通話量から何が見える?釜山や大邱の輸出企業は日本とどのように結びついている?国際取引における福岡の役割は?世界経済のボーダーレス化がすすむ今日、「人・資本・情報」の流動を指標に東アジア経済圏における企業・都市ネットワークを解明。さらに、韓国企業と日本企業との国際取引、企業提携、海外進出を例に、韓日間の国際的都市システムにおける地方の役割を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序論(既存研究
  • 分析方法と構成)
  • 2 流動量と国際的都市システム(国際航空旅客流動
  • 銀行間の国際取引
  • 国際通話料
  • まとめ)
  • 3 企業間の国際取引による地方都市間結合(企業の輸出行動と都市間の結合形態
  • 商流の側面から見た輸出経路の選択
  • 航空路線の選択と福岡の評価
  • 港湾の選択と福岡の評価
  • まとめ)
  • 4 企業ネットワークと国際的都市システム(企業間提携
  • 企業の海外進出
  • 企業間提携と世界都市間結合
  • 企業の海外進出における地方自治体の役割)
  • 5 結論(国際的都市システムのモデル化と都市間結合
  • 今後の課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアの企業・都市ネットワーク : 韓日間の国際的都市システムの視点
著作者等 朴 倧玄
朴 〓玄
書名ヨミ ヒガシアジア ノ キギョウ トシ ネットワーク : カンニチカン ノ コクサイテキ トシ システム ノ シテン
書名別名 Higashiajia no kigyo toshi nettowaku
出版元 古今書院
刊行年月 2001.8
ページ数 275p
大きさ 22cm
ISBN 4772260013
NCID BA53017388
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20196966
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想