報道の自由と人権救済

原寿雄, 田島泰彦 編

本書は、メディアへの市民のアクセスと参加を拡充するために、メディアと市民が共同で、公権力が関与しない自主自律の仕組みを編み出し、整備していくことが必要であると考え、これをめぐる課題につきさまざまな角度から検討し、探究しようとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 "メディアと市民・評議会"をつくろう(共同提言"メディアと市民・評議会"を提案する-新聞・雑誌・出版に市民アクセスの仕組みを
  • "メディアと市民・評議会"の可能性-アンケート調査から ほか)
  • 第2部 プレス・カウンシルをめぐる課題(報道評議会(プレス・カウンシル)をめぐる現状
  • プレス・カウンシルの思想とジャーナリズム ほか)
  • 第3部 プレス・カウンシルをめぐる国際的動向(欧米のアカウンタビリティ制度
  • ヨーロッパのプレス・カウンシルの動向と状況 ほか)
  • 第4部 資料(報道倫理綱領
  • 年表/報道・表現の自由に関わる最近の制度環境の動き)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 報道の自由と人権救済
著作者等 原 寿雄
田島 泰彦
書名ヨミ ホウドウ ノ ジユウ ト ジンケン キュウサイ : メディア ト シミン ヒョウギカイ オ メザシテ
書名別名 <メディアと市民・評議会>をめざして
出版元 明石書店
刊行年月 2001.7
ページ数 410p
大きさ 20cm
ISBN 4750314455
NCID BA53014641
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20197572
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想