消費者主権と消費者法

松村晴路 編著

本書は、21世紀社会が消費者の権利確立の世紀である「べき」だと提言しつつ、今日の消費者を取り巻くさまざまな消費者問題の現状・法制度について解説したものである。消費者法を初めて学ぶ人たちを対象に、身近に起こりうる事例を提供しつつ、楽しく興味を持って学べるように編集した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 消費者問題と消費者主権
  • 第2章 企業活動と消費者の権利
  • 第3章 商品情報と消費者の権利
  • 第4章 消費者取引に関する法
  • 第5章 消費者信用取引に関する法
  • 第6章 情報化社会と消費者
  • 第7章 消費者被害と救済
  • 第8章 環境問題に関する法
  • 第9章 消費者法の展望と課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消費者主権と消費者法
著作者等 松村 晴路
中村 年春
坪村 みち
川田 玲子
村山 孝純
森田 陽子
永田 均
藤井 昭子
赤松 純子
書名ヨミ ショウヒシャ シュケン ト ショウヒシャホウ
書名別名 Shohisha shuken to shohishaho
出版元 嵯峨野書院
刊行年月 2001.7
ページ数 202p
大きさ 22cm
ISBN 4782303424
NCID BA52979744
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20191141
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想