整数論入門

白谷克巳 著

本書で取り扱う整数論は、代数的整数論の基礎理論であり、古典的整数論を現今の観点から体系的に述べたものである。現代の符号理論、暗号理論などの研究へも役立つよう、なるべく多くの話題を取り上げている。したがって、ガウス和と有限フーリエ変換なども含めたが、代数学の基礎知識があれば通読できるように考慮している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 付値論(付値
  • 近似定理
  • 有理数体の付値 ほか)
  • 第2章 代数的整数論(代数的整数
  • 判別式
  • ミンコウスキの定理 ほか)
  • 第3章 初等解析的整数論(合同ゼータ関数
  • ガウス和
  • リーマンのゼータ関数、ディリクレのL関数 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 整数論入門
著作者等 白谷 克巳
書名ヨミ セイスウロン ニュウモン
書名別名 Seisuron nyumon
出版元 牧野書店
刊行年月 2001.7
ページ数 177p
大きさ 22cm
ISBN 4795201404
NCID BA52951370
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20191236
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想